代表挨拶

日本を取り巻く世界各地の政治経済の急速な推移は、世界の中の日本、そして日本の中の人々へ急速かつ急激に情報が伝達し、経済活動や価値観に多大な影響を及ぼしております。
そのような変革する時代においてこそ何よりも大切な事は、人と人、及び企業と企業との「信頼感」という事ではないでしょうか。
「信頼」とは、講演会・異業種交流会を含め、一人でも多くの人と接し、コミュニケーションを図ったり、企業にあっては経営理念である「安全・安心・確かな輸送」と「適正な利益の確保」を両立するために、経営者・社員が研修制度の充実を図り、知識と教養を高めて気質の高い会社を造りあげ、地域社会に貢献し、安全安心マネジメントにより、絶えず輸送の安全性の向上に努めるといった企業理念の基に生まれてくると思います。
私は「初心生涯」を座右の銘としており、常に初心に帰り、従業員一人一人が運行管理に徹底し、事故や労働災害を起こさないという強い意志のもとで、危機管理を手堅くして事故・クレーム処理の敏速化・「人と地球に優しい物流」を目指し、社員一丸となって無事故無災害に信念を持って取り組んでいきます。
そして社会から期待される企業に発展できると信じ、今後も質の高いサービスの向上に努めてまいります。

代表取締役 山本 利之

写真

右|代表取締役 山本利之
左|相談役 高橋大輔